So-net無料ブログ作成

Jazz Piano [音楽雑感]

Jazz Pianoって一つのジャンルだと思う。
一番ジャズから遠くて、クラッシックでもロックでもなく。

Pianoって一番表情のない楽器だと思う。
押すだけ、強く押したり弱く押したり。

Pianoって一番、個性のない楽器だと思う。
一音押すなら誰が弾いても同じ音。
他の楽器の様に、一音だけで誰とわかることもなく。
(反対にボーカル、声は一音だけで、全てが解る。)

でも、個性の無いピアノが好きです。

ピアノはビブラートも、ベンダーも、押鍵後の音量、音色のコントロールもできません。
音程も12平均率(だいたい)の中でしか表すことはできません。

Jazzのルーツの一つであるブルースは12平均率では表現できません。
世界中の民族音楽は12平均率では表現できません。
PianoはJazzのある一面をみると仲間外れの楽器です。

でも、Pianoは和音が弾けます、一度に複数の旋律が弾けます。
和音(伴奏)とメロディーを一度に弾けます。

表情をつけるために、色々工夫をします。
トリル、装飾音、強弱。

Jazzはインプロビゼーションの音楽です。
メロディーをインプロビゼーションで生み出します。
Jazz Piano は単一のメロディーだけでなく、
複数のメロディー、和音をインプロビゼーションで生み出します。
アンサンブルを生み出します。
表現力を犠牲にすることで、新たに手に入れた秘密兵器です。

Jazz Pianoって一つのジャンルだと思う。

Jazz Pianoというスタイルがとても好きです。
ボーカルは邪魔です。
サックスもトランペットも邪魔です。
ボーカルが入るとピアノは単なる伴奏になってしまいます。

ボーカルは表現力が強すぎます。
歌詞があると、音楽が歌詞に負けてしまいます。

純粋に、混ざりっけのない、音楽を楽しむなら、 Jazz Piano が一番だと思います。
ハーモニーと旋律とリズムだけ。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。